ウーマン

恐るべき緑内障を克服する術とは|クリアな視界を取り戻す

  1. ホーム
  2. 目前に現れる浮遊物は何か

目前に現れる浮遊物は何か

女性

活性酸素やストレスが原因

目の前を虫が飛んでいるように感じた方は注意した方が良いです。これは飛蚊症というものです。ひぶんしょうと読み、目の前を線や点が、ちょうど蚊などの虫が飛ぶような感じでちらつき、なかなか消えない状態をこのように呼んでいます。かし、なぜこのような症状が出てしまうのでしょうか。それは、活性酸素や老化、ストレスなどに原因があります。ですから飛蚊症を治すには、まず活性酸素の発生を抑えることが必要です。それには、活性酸素のもととなる紫外線を、できるだけカットするようにします。またこの紫外線によって酸化された物質は、本来であれば酵素がそれを分解してくれるのですが、ストレスが多い、あるいは加齢などにより、酵素が不足してしまうことがあります。そのため食生活に気を配り、酵素を増やして行くようにします。

目の病気が原因のことも

この飛蚊症には生理的なものと、目の病気が原因で起こるものとがあります。生理的なものであれば、紫外線やストレスなどに気をつければ大事には至りません。ただし目の病気が原因で起こる飛蚊症の場合は、まずその病気を治す必要があります。原因となる病気は主に後部硝子体剥離や、網膜裂孔、あるいは硝子体出血や硝子体混濁などがあります。硝子体というのは眼球の器官の一つで、コラーゲンでできています。ここに何らかの異常が加わることで、飛蚊症が激しくなったり、ものがかすんで見えたり、あるいは黒っぽい影が見えたりしますので、このような場合はすぐに眼科へ行きましょう。特に糖尿病による網膜症は、硝子体出血が見られます。また点や線などの浮遊物が鮮明な形で現れた場合も、網膜の異常の疑いがあります。