ウーマン

恐るべき緑内障を克服する術とは|クリアな視界を取り戻す

  1. ホーム
  2. 眼の病気を知る

眼の病気を知る

目元

緑内障は視神経に異常が生じることによって眼圧が上昇し、視野が狭くなる病気です。治療が遅れると失明することもあるため危険な病気の一つとして認識されています。緑内障はきわめてゆっくりと進行するため、一部の患者を除いて自覚症状がでることはありません。一度視神経に傷がつくと二度と回復することはないため、眼科での定期的な検診が推奨されています。また緑内障を防ぐ効果的な方法がないにもかかわらず、日本では40歳以上の20人に1人がこの病気になるというデータがあることも早期発見の必要性を訴えかけています。ひと昔前までは、緑内障イコール失明でしたが、現在では早期発見によって治療できるようになっていることが患者にとって大きな利点です。

ひと昔前までは、緑内障の治療はメスを用いた手術が一般的でしたが、医療技術の進歩によって現在では薬物療法とレーザー治療によっても治療が可能になっています。薬物療法では、緑内障用に開発された点眼液を用います。この10種類以上もある点眼薬は緑内障に対して大きな効果を発揮しますが、同時に副作用も報告されています。薬物療法とは別にもう一つ大きな注目を集めているのがレーザー治療です。このレーザー治療は、手術や薬物療法とは異なって体に負担をかけないため、高齢者や手術に対して大きな恐怖を抱く患者によって支持されています。レーザー治療においては、5分から10分ほどレーザーを目の隅角に照射し、細胞を活性化させ眼圧を下げることができます。